読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

noriaki blog はてな出張所

主に技術や読んだ書籍、考えたことなどを書くブログ。技術系ブログは http://blog.noriaki.me

(Facebookログイン版)万能メモ帳wri.peをiPhone/iPadのホーム画面に追加する方法

仕事 便利

f:id:uchiuchiyama:20140202001320p:plain

シンプルで使いやすいエディタ「wri.pe」をiPhone/iPadでフルスクリーンアプリとして使う方法が、万能メモ帳wri.peをiPhone/iPadのホーム画面に追加する方法の記事で紹介されていますが、Githubログインによる方法の紹介しか載っていなかったので、Facebookログインで使っている自分用に方法をメモしておきます。

まずSafariで普通にログイン

フルスクリーンアプリとして使いたいiPhone/iPadのSafariで、wri.peにログインします。

f:id:uchiuchiyama:20140202004233p:plain

ログイン後の画面を「ホーム画面に追加」

画面下部のアイコンからホーム画面に追加をタップしてそのまま保存します。

f:id:uchiuchiyama:20140202004704p:plain

f:id:uchiuchiyama:20140202004732p:plain

Facebookでログインするための設定

ホーム画面に「wri.pe」のアプリアイコンができました。

f:id:uchiuchiyama:20140202005026p:plain

しかし、このままだとアイコンをタップしても「wri.pe」をフルスクリーンアプリとして使えません。ログインボタンを押したらSafariが立ち上がってしまうためです。

そこで、再度Safariを起動しアドレスバーに以下のURIをコピー&ペーストして開いてみてください。

data:text/html;charset=UTF-8,<title>Facebook(LogIn)</title><meta%20name=viewport%20content=initial-scale=1><meta%20name=apple-mobile-web-app-capable%20content=yes><link%20rel=apple-touch-icon-precomposed%20href="https://fbstatic-a.akamaihd.net/rsrc.php/v2/yx/r/N4H_50KFp8i.png"><script>if(navigator.standalone){location="https://wri.pe/fbauth/sign_in"}else{document.write("ホーム画面に追加してください")}</script>

うまくコピペできないですか?テキストエリアのものも置いておきますね。(内容は上のものと同じです。コピペしやすい方からどうぞ)

Facebookログイン用のホームアプリを保存する

下のような画面がSafariに表示されるので、wri.peのときと同様に画面下部のアイコンから「ホーム画面に追加」します。

f:id:uchiuchiyama:20140202005655p:plain

f:id:uchiuchiyama:20140202005715p:plain

f:id:uchiuchiyama:20140202010008p:plain

Facebookにログイン

できあがった「Facebook(Login)」のアイコンをタップすると、Facebookのログイン画面が表示されるのでIDとパスワードを入力してログインします。これはアドレスバーこそ見えませんがSafariでFacebookログインページを表示しているのと同じですのでご安心ください。

f:id:uchiuchiyama:20140202010333p:plain

SafariのiCloudキーチェーンによるID/パスワードの自動入力も使えるようです。

おもむろに「wri.pe」アイコンをタップ

Facebookにログインできたらwri.peの画面が表示されますが、一度閉じて「wri.pe」アイコンをタップしてみましょう。

ほら、ちゃんとフルスクリーンで「wri.pe」エディタが表示されたでしょう。

「Facebook(Login)」アプリは毎回起動する必要はありません。一度ログインした後は、「wri.pe」のアプリ(ホームアプリ)を起動するだけでOKです。

「wri.pe」アプリを起動してもログイン前の画面が表示されたときは、また「Facebook(Login)」アプリから一度ログインしてあげれば、また「wri.pe」アプリを使えるようになると思います。

それでは、快適な「wri.pe」エディタ生活をどうぞ。

スポンサード

(c)2014-2016 Noriaki Uchiyama
※ここで書いているものは私個人のものであり、特に明示しない限り所属する企業や団体には一切関係ありません